農業クラブとは? -Future Farmers of Japan-

 学校農業クラブは,1948年(昭和23年)に学校農業クラブ(SAC:School Agriculture Club)として,戦後の新制高等学校の学習活動の中で,農業高校生の自主的・自発的な組織として日本全国で誕生しました。
 1950年(昭和25年)全国組織を作る動きが強まり,全ての都道府県に農業クラブが誕生し,11月2日に東京の日比谷公会堂において,「科学性」,「社会性」,「指導性」の育成を目標に,日本全国の農業クラブの全国組織として,日本学校農業クラブ連盟【Future Farmers of Japan(略称:日蓮またはFFJ)】は結成されました。

(日本学校農業クラブ連盟ホームページより抜粋)


 全国で農業系科目を学ぶ学科のすべての生徒が加入し,宮城県連盟,東北連盟,日本連盟など組織的に様々な行事を行っています。農業教科の学習はもとより,将来の日本農業を支えるために資格取得,各種大会,講習会,ボランティア活動など農業高校生としての活動は多岐にわたります。
本校での取り組み

※農業科のすべての生徒がクラブ員であり,その中から選出された役員が行事の企画・運営を行います。

 ・研究班活動(野菜,草花,畜産,作物に分かれて授業時間内に活動)
 ・老人保健施設でのボランティア活動
 ・地域貢献(交通安全活動(鉢花配布),環境美化活動)
 ・各種大会(クラブ活動紹介大会,意見発表大会,プロジェクト発表大会など)への参加
 ・研修会(春季・夏期研修会),代議員会への参加
 ・東北大会,県大会の運営
 ・農場当番実習
(日本学校農業クラブ連盟マスコットキャラクター)
農業クラブ

活動報告

【農業クラブ】「あなたが選ぶ日本一美味しい米コンテスト」で優秀金賞を受賞しました。

平成30年12月1日(土)~2日(日),「あなたが選ぶ日本一美味しい米コンテスト」で優秀金賞を受賞しました。農業科3年生作物専攻班が今年育てた「ひとめぼれ」が予選を勝ち抜き,山形県庄内町で行われた決勝戦に参加しました。決勝では最後の2校まで残りましたが惜しくも敗れ,高校生部門「優秀金賞」となりました。最優秀金賞を取れなかったのは残念でしたが良い経験になりました。来年度は後輩たちが日本一を目指し,頑張ってほしいです。

【農業クラブ】収穫感謝祭を行いました。

平成30年11月30日(金),農業科の105名が収穫感謝祭を行いました。

メニューは1年生が雛から育てたアイガモのカモ鍋、2年生が手植え手刈りした新米の「だて正夢」でおにぎり、3年生の作った味噌と野菜でトン汁を作りました。外は気温が低く,寒い中でしたが,美味しく食すことができました。

【農業クラブ】日本酒の仕込み体験を行いました。

平成30年11月26日(月),日本酒の仕込み体験を行いました。一関市花泉町「磐乃井酒造」とのコラボレーションで,本校にて栽培した「ひとめぼれ」で,洗米や麹づくり,もろみづくりなど一連の作業工程を体験させていただきました。今年は特別純米酒の辛口に仕上がる予定です。一関市・登米市で販売されますので,楽しみにしていてください。

【農業クラブ】米谷小学校で出前講座を行いました。

平成30年11月20日(火),米谷小学校で出前講座を行いました。11月は「みやぎ食育推進月間」ということで,登米市内すべての公立幼、小、中学校の給食に,本校で栽培した減農薬無化学肥料の環境保全米「ひとめぼれ」が提供されました。これに伴い,本校農業科7名が米谷小学校5年1組で出前講座を行い環境保全米の特徴や栽培について説明を行いました。