農業クラブとは? -Future Farmers of Japan-

 学校農業クラブは,1948年(昭和23年)に学校農業クラブ(SAC:School Agriculture Club)として,戦後の新制高等学校の学習活動の中で,農業高校生の自主的・自発的な組織として日本全国で誕生しました。
 1950年(昭和25年)全国組織を作る動きが強まり,全ての都道府県に農業クラブが誕生し,11月2日に東京の日比谷公会堂において,「科学性」,「社会性」,「指導性」の育成を目標に,日本全国の農業クラブの全国組織として,日本学校農業クラブ連盟【Future Farmers of Japan(略称:日蓮またはFFJ)】は結成されました。

(日本学校農業クラブ連盟ホームページより抜粋)


 全国で農業系科目を学ぶ学科のすべての生徒が加入し,宮城県連盟,東北連盟,日本連盟など組織的に様々な行事を行っています。農業教科の学習はもとより,将来の日本農業を支えるために資格取得,各種大会,講習会,ボランティア活動など農業高校生としての活動は多岐にわたります。
本校での取り組み

※農業科のすべての生徒がクラブ員であり,その中から選出された役員が行事の企画・運営を行います。

 ・研究班活動(野菜,草花,畜産,作物に分かれて授業時間内に活動)
 ・老人保健施設でのボランティア活動
 ・地域貢献(交通安全活動(鉢花配布),環境美化活動)
 ・各種大会(クラブ活動紹介大会,意見発表大会,プロジェクト発表大会など)への参加
 ・研修会(春季・夏期研修会),代議員会への参加
 ・東北大会,県大会の運営
 ・農場当番実習
(日本学校農業クラブ連盟マスコットキャラクター)
農業クラブ

活動報告

奉仕作業を実施しました

 学校の桜も満開ですが平成30年3月23日に新2年生が桜の天狗巣病の除去を行いました。場所は上沼小学校前の水路です。枝が病気になったものをのこぎりと枝切りばさみで切り、取り除きました。切った枝を細かく切り紐で結び回収しました。

 天狗巣病除法を行うことで、桜がきれいに咲き見栄えがよくなるので、頑張ったかいがありました。


農業クラブ入会式・前期総会が行われました。

 4月10日に農業クラブ入会式及び、前期生徒総会が行われました!!
 農業科全員が入式会に参加し、後輩への期待と、自分たちも負けないようにと、気を引き締めるいい機会になりました。
 農業科1年生36名の新たな仲間とともに、農クもどんどん活動していこうと思います。

校内農業クラブ役員研修会を行いました。

 平成30年4月2日に校内農業クラブ役員研修会を行いました。午前は2つのグループに分かれて交流会を行いました。
 午後は、KJ法を使い「農業クラブの活動を活発に行うため」について話し合いをしました。

 初めて研修を行ってみて、農業クラブ役員の仲が深まり、話し合いをしたことで、役員のアイディや意見でこれからの農業クラブの活動がよりよい方向にいけばいいと思いました。
 

本校産米を使用した日本酒が出来ました。

 平成30年3月1日に本校平成29年度産の「ひとめぼれ」を使用した日本酒ができあがりました。花泉の磐乃井酒造さんの協力ではじめて仕込んだ日本酒です。ぜひご賞味ください。販売については磐乃井酒造さんにお問い合わせください。