農業クラブとは? -Future Farmers of Japan-

 学校農業クラブは,1948年(昭和23年)に学校農業クラブ(SAC:School Agriculture Club)として,戦後の新制高等学校の学習活動の中で,農業高校生の自主的・自発的な組織として日本全国で誕生しました。
 1950年(昭和25年)全国組織を作る動きが強まり,全ての都道府県に農業クラブが誕生し,11月2日に東京の日比谷公会堂において,「科学性」,「社会性」,「指導性」の育成を目標に,日本全国の農業クラブの全国組織として,日本学校農業クラブ連盟【Future Farmers of Japan(略称:日蓮またはFFJ)】は結成されました。

(日本学校農業クラブ連盟ホームページより抜粋)


 全国で農業系科目を学ぶ学科のすべての生徒が加入し,宮城県連盟,東北連盟,日本連盟など組織的に様々な行事を行っています。農業教科の学習はもとより,将来の日本農業を支えるために資格取得,各種大会,講習会,ボランティア活動など農業高校生としての活動は多岐にわたります。
本校での取り組み

※農業科のすべての生徒がクラブ員であり,その中から選出された役員が行事の企画・運営を行います。

 ・研究班活動(野菜,草花,畜産,作物に分かれて授業時間内に活動)
 ・老人保健施設でのボランティア活動
 ・地域貢献(交通安全活動(鉢花配布),環境美化活動)
 ・各種大会(クラブ活動紹介大会,意見発表大会,プロジェクト発表大会など)への参加
 ・研修会(春季・夏期研修会),代議員会への参加
 ・東北大会,県大会の運営
 ・農場当番実習
(日本学校農業クラブ連盟マスコットキャラクター)
農業クラブ

活動報告

【農業クラブ】「農場通信」~第5弾「~繁殖用黒毛和牛~」~

農場通信の第5弾は「畜産」です。
4月30日22時40分,新しい仲間が農場に増えました。
学校で飼育している繁殖用黒毛和牛の「やすしげふじ号」が出産しました。
大きなオスの仔牛だったのでちょっと難産でしたが母子ともに健康です。
ちなみに牛の妊娠期間は285日間です。「農業と環境」の教科書P93で確認しましょう。

上の写真が出産直前の「やすしげふじ号」です。
高齢出産ですが頑張ってくれました。下が仔牛ですがまだ名前が決まっていません。
牛の名前はメスはひらがな表記,オスは漢字表記で命名します。
いつもなら生徒が仔牛の名前を考えてくれるのですが・・・,今回は先生達で命名です。

登校したらクラブ員の皆さん見に来てくださいね。

【農業クラブ】「農場通信」~第4弾「イネの播種」・「ネギの定植」~

本校農業クラブ員の皆さんこんにちは!
また,休校延長ですが、農場はいつ授業が始まってもすぐに皆さんと実習ができるように
先生達で作業を進めています。 皆さんも課題の仕上げ頑張って。
農場通信の第4弾は「作物」「野菜」です。
4月27日に農場の先生方総出でイネの播種を行いました。
3年生用の「ササニシキ」は機械で,2年生用の「ひとめぼれ」は手播きで行いました。
教頭先生もきてくれましたよ。

4月30日には「ネギの定植」を行いました。
ネギはなぜこんなに深い位置に植え付けるのか考えてみましょう。

次回は農場の新入りを紹介したいと思います。

 

【農業クラブ】「農場通信」~第3弾「露地畑の除草」~

本校農業クラブ員の皆さんこんにちは!
農業科目の課題は終わりましたか?
各教科書に名前も書いて授業の準備をしておいてくださいね。
休校中ですが今日も農場は実習の準備を進めていますよ。
  
農場通信の第3弾は「野菜」です。
4月23日に「露地畑」の「除草」作業を行いました。
さてこの野菜は何でしょう?

正解はタマネギです。気候が暖かくなりグングン成長しています。
しかし,一緒に雑草も成長してしまいます。「マルチング」はしてありますが
植え穴からハコベが出ています。「腰が痛い、ヒザが痛い」と言いながら
先生達で1穴1穴ていねいに手作業で除草しました。

 

マルチングの効果と雑草について調べてみましょう。(教科書「農業と環境」P62,88)
ハコベはどのような畑地に多く発生するのでしょうか?

【農業クラブ】「農場通信」~第2弾「花壇苗の播種・鉢上げ」~

本校農業クラブ員の皆さんこんにちは!
今日は何の課題に取り組んでいますか?
課題は丁寧な字で書きましょうね。
休校中ですが農場は皆さんの実習の準備を進めていますよ。  

農場通信の第2弾は「草花」です。
4月14,15日に花壇用の花苗のジニア,サルビア,ニチニチソウ,アゲラタム,
アンゲルロアの苗をセルトレーから9cmポットに「鉢上げ」しました。
地域から苗の注文が続々と入っています。

 

4月22日には,花のタネをセルトレーに「播種」をしました。
これは何のタネかわかりますか?
何のタネかは授業が始まったら実習で確認してくださいね。

専門用語と「たねまきと鉢上げ」については,
教科書「農業と環境」P176を見てみましょう。

 

 

【農業クラブ】「農場通信」~第1弾「イネの種もみの準備」~

本校農業クラブ員の皆さんこんにちは!
規則正しい生活をして,一生懸命に課題に取り組んでいますか?
休校中ですが農場ではいつ授業が始まってもいいように
教材である動植物の管理と準備を先生達で頑張っています。
日々の農場の様子をブログで紹介していきたいと思います。

第1弾は「作物」です。
4月13日に種もみの「温湯消毒」をしました。
その後「浸種」,「催芽」して種まきに備えています。
(専門用語の読み方は,教科書「農業と環境」p108,「作物」p88で調べてみましょう!)

田植えに向け水田の準備も進んでいます。