学校長挨拶

 ようこそ,登米総合産業高校のホームページにアクセスしていただきました。
 本校は,登米地区の旧上沼高校,旧米山高校,旧米谷工業高校の3校と登米高校商業科を再編統合して,平成27年4月に開校した県内初の総合産業高校です。

 設置学科は,農業科,機械科,電気科,情報技術科,商業科,そして地域の福祉・介護分野の人材育成を目指して県立高校で初めて設置した福祉科の6学科です。

 キャッチフレーズには,「目指せ!産業スペシャリスト」と「魅力・人気No.1の登米総!」を掲げ,郷土を愛し,郷土の発展に寄与できる逞しい人材,そして,独創的な発想力で産業界をリードする人材の育成に努めるとともに,地域から信頼され愛される学校を目指しています。

  特に本校ならではの取組として,地域の様々な分野で活躍している企業の社長さんによる講演会,意欲ある若手実業家の皆さんによる実践的な授業,また,地域課題や身の回りの問題を解決に導くアイディアを提案する授業など,1年生から計画的に準備してあります。もちろん,6学科のそれぞれの専門分野についても,体験的な学習や多くの資格取得への取組を通して,高い専門性と実践力を習得しています。このように生徒達は,将来,地域産業を担うスペシャリストとなるため,日々,専門的な知識・技能や独創的な発想力,豊かな創造性を身に付けています。

 本校の校訓は,「高志」「挑戦」「創造」です。
 〇 高い志をもって専門分野の学習を追求し,主体的に進路を切り開いていく生徒
 〇 産業界全体に視野を向け,高度化・多様化する社会に果敢に挑戦し,困難にも立ち向かう強い心をもつ生徒
 〇 豊かな人間性と独創的な発想力で地域や社会を豊かに創造し,新しい産業界を担っていく生徒を育ててまいります。

 開校5年目となる今年度も,ワンランクアップした登米総合産業高校を目指し,地域の皆様をはじめ「登米地域パートナーシップ会議」の皆様の全面的な御協力をいただきながら,「チーム登米総」一丸となって,活力ある学校づくりに邁進してまいります。
 多くの中学生の入学を期待するとともに,引き続き,皆様から温かい御支援と御協力を賜りますようお願い申し上げます。


            平成31年4月

                      宮城県登米総合産業高等学校長 大内 栄幸