新着
平成30年11月10日(土)~11日(日),五戸町屋内トレーニングセンター五戸ドームで行われた第33回東北高等学校アーチェリー選抜大会に,個人の部女子2名と,団体の部男子4名が出場しました。東北各地の選手と熱戦が繰り広げられ,結果は個人の部で,佐藤(2福)が優勝,佐藤(1商)が第4位になりました。また,予選ラウンド最高得点賞で佐藤(2福)が賞状をいただきました。応援ありがとうございました。
平成30年11月12日(月),福祉科の生徒(1年27名,2年35名,3年33名)が,認知症サポーター養成研修を行いました。登米市地域包括支援センターの職員の方を講師としてお招きし,認知症の方の対応について講話をしていただきました。参加した生徒からは「もし身近に認知症の方がいたら,相手が話す言葉に耳を傾けて,ゆっくり対応したい。」との感想がありました。また,介護職への就職が内定している生徒からは「とても勉強になった。この講座で得た知識を仕事で生かしていきたい。」との声もありました。
【新入試制度】2020年度入試「求める生徒像・選抜方法は,以下のとおりです。 各科ごとにPDFファイルとなっておりますので,ダウンロードしてご覧ください。 農業科 機械科 電気科 情報技術科 商業科 福祉科    ※全学科一括ダウンロードは,こちらから可能です。  
ブログ
11/07
報告(ブログ)
今日の出来事
平成30年11月7日(水),第2回防災訓練を行いました。今回の防災訓練では,防火扉を閉鎖し,避難経路を確認しました。登米市消防署北出張所の河野所長から「将来,生徒のみなさんが大切な人を守れるように,常日頃から防災というものを意識して行動してほしい。」との講評をいただきました。避難に引き続き,1学年は避難はしご訓練,2・3学年は担架の取り扱いについて訓練を行いました。
平成30年11月3日(土),福祉科の生徒が宮城県庁で行われたみやぎケアフェスタ2018に参加しました。本校福祉科のパネルを展示し,日々の実習風景や,介護福祉士(国家資格)の受験資格取得について紹介しました。また,会場では様々な催しが開かれ,参加した生徒は「肌年齢測定やリハビリ体操等が楽しかった。介護実習でお世話になった施設(みんなの家)の職員の方が認知症劇をやっており本当におもしろかった。」との感想がありました。